DSC00314.JPG

今日の出勤前サーフィン。相方も行くというので、いつものパシフィックビーチ(PB)のポイントではなく、エンシニータス(Encinitas)のポイントへ。

波はサイズは2-3ft+かな。ただ、切り立つまでが長く、でも切り立ってからが速いという、苦手な波。「こういう時こそ斜めテイクオフの練習だ」とわたしのサーフコーチ(?)、相方がアドバイスをくれましたが、どうにもこうにも…怖いというより、ひっくり返ったらかっこわるいという不必要なプライドを捨てられなくてなかなか果敢にいけませんでした。

結局、まともにテイクオフしたのは1本くらいで、残りは、スープになってから立ち上がって、インサイドで再びフェイスができるまで待つっていう消化不良のライディングばかり。むー。

波質がそう良いわけでもないためか、人はほとんどいなく貸切状態。でも、そんなこんなでわたしはその空いた状況をたいして楽しめず。いつものPBのポイントに行っていたらもっと乗りやすかったかなぁと思いつつ、相方や他にもう一人いたサーファーはきれいに乗っていたので、決して波のせいにはできないという事実を突きつけられました。波質に合った板をチョイスすることも含めてまだまだスキルが必要だ(相方は珍しく短めの板をチョイスしていた)。

サーフィンって、ちょっと上手くなったかなって調子に乗っているとこういう洗礼を受ける。次の壁。道は深く、長い。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。