フィッシュタコスとサンディエゴ

DSC00447.jpg

待ちに待った週末!朝の海沿いはご覧の通り、お天気はいまいち。多少風も入っていましたが、3-4ft+と久しぶりに乗りごたえがありそうなサイズの波が割れていました。しかも、ラインナップにジョエル(チューダー)先生がいるという贅沢。

全体的にトロ厚の波。わたしは、9ftのオールラウンドのロングと7.9ftのボンザーのボードを持って行って、両方に乗ってみました。課題はいっぱいですが、まあ乗れたから、よしとしよう。ジョエル先生は最後の1本、今にも切り崩れそうなピークにすすすっと移動して、パドル2かきでピューと乗って帰っていかれました。なんと優雅な。ジョエルのように、これまでサーフビデオで見て憧れていたサーファーを普通に見かけるのがサンディエゴでサーフィンをする幸せの一つです。(相方なんぞは名前も覚えられていて普通に会話している!)

サーフィンの後は、またもフィッシュタコス。

DSC00457.jpg

メキシコが近いサンディエゴには安くておいしいメキシカンの店がたくさん。フィッシュタコは、お肉の代わりに揚げた白身魚が入っているもので、サンディエゴの名物B級グルメ。一説によれば、サーファーから人気が定着したと言われています。

確かにこのフィッシュタコ、サーフィン後の空腹を満たしてくれるだけでなく、糖質とタンパク質、そしてライムを絞ればクエン酸と、手っ取り早い肉体疲労回復食としても優れている気がします。ちなみに、これで0.99ドル!日本人の胃袋なら2ドルでお腹いっぱいになれます!

波に乗って、おいしいごはんを食べて、今日もしあわせ。感謝。

☆サンディエゴ観光ガイド サンディエゴ名物グルメ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。