マニア好み?のサーフショップ、Surfy Surfy

Scroll down to content

DSC00449.jpg

さて、今回は、定期的にチェックするサーフショップの中から、エンシニータス(というよりはルーケディア)にあるSurfy Surfyを紹介します。

この店は「最近のトレンド?知ったこっちゃない」と言わんばかりに、クラシックなスタイルのボードをたくさん扱っています。特に何がすごいって、最近わたしがすっかりはまってしまっているBonzerがかなりフィーチャーされていること。販売はもちろんですが、Bonzerを開発したCambell Brothersが作った古いボードが展示されていたり、BonzerのボトムをイラストにしたBonzer Tシャツまであったりします。いま、こんなにBonzer押しのサーフショップが他にあるだろうか!

※2019年2月追記:Surfy Surfyの店は場所を移動しています

この店の隣りは、Coffee Coffeeというちょっといい感じの同系列のカフェになっています。このカフェのサイトを見ていただくと「ルーケディアをファンキーにさせている」店というような言葉が出てきます。以前にも書いたとおり、「俺たちはエンシニータスとは違う、ルーケディアだ」っていう気持ちがなんとなく出ている気がしますね。しかもファンキーというのは今はあんまり使われる言葉ではなく、ちょっと古い印象。それをあえて使っていることにもクラシックを愛する感じが伝わってきます。古いものに惹かれる傾向にある我々の心をいろいろくすぐってくれます。

今はこうして自分が訪れた場所を一般的に紹介するだけになってしまっていますが、そのうちちゃんと取材をしてブログに書けるようにしたいなと画策しています。というわけで、ブログ内容は徐々に地道に充実させていきたいと思っているので、そのときまでよろしくおつきあいいただければ幸いです!

☆サンディエゴ観光ガイド エンシニータス

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。