次はパドルボードがくる!?

あいにくの曇天ですが、今朝も元気に出社前サーフィン行ってきました!

DSC00873.JPG

サイズはセットでもも腰くらいでしょうか。小波で、不安定で、コンディションは理想的とは言いがたい。そのせいか、サーファーより、他のウォーターアクティビティーをやる人たちの姿が目立ちました。

まずはSUP(Stand Up Paddle・サップ)。

sup-631419_960_720.jpg

わたし、日本にいたときは、SUPは波がないときに立って漕いで遊ぶだけのものだと思っていたのですが、サンディエゴにきたらめっぽう上手に波に乗る人がいっぱいでびっくり。小波でなくても巨大な波でもアップスアンドダウンあり、リッピングあり、と華麗に乗っていきます。感嘆してしまう。※写真は無料イメージ画像を拝借

あと、最近、よく見かけるパドルボードの人もたくさんいました。SUPよりもう少し分厚く、幅の狭いボードで、サーフィンのパドリングの要領でひたすら沖をパドリングで進んでいくやつです。何が楽しいのか、やったことがないので想像もつきませんが、結構な人数を見かけるので、ハマるツボがあるのでしょう。※これは新しすぎるのか(?)、マニアックすぎるのか(?)、イメージ画像見つからず

ちなみに、今日はそのパドルボードで波に乗って遊んでいるエキスパートも数人いました。パドリングで波を捉えて、ニーボーディングのように膝立ちで波に乗っていました。パドルボードは基本は波乗り用ではないとのことなので、おそらく、波が小さいこともあって、あえて独自の楽しみ方しているのだと推測。

そんな風に、自由な発想で、「え、それってあり?」という遊び方をしている人がサンディエゴの海には多い気がします。ついつい「こうあるべき」に陥りがちなわたしはいつもいいショックを与えてもらえます。何でもありだ!

☆サンディエゴ観光ガイド 海遊びのススメ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。