サンオノフレでビーチキャンプ

IMG_0078-1.jpg

週末を利用して、サンオノフレでキャンプ。サンオノフレのサーフポイントには何度も来ていますが、キャンプサイトを利用して1泊するのは初めて。国立公園のような大自然の中ではないし、海辺と言ってもキャンプ場から海が見えるわけではなく、崖を降りなければいけないし、フリーウェイと線路が近いし、すばらしい環境とは言い難いけれど、それでもたまに野営するのはやっぱりいい。いや、なんならずっと野営でもいい…。

夜は、火を囲んで友だちとだらだらおしゃべりしながら、流星を2つ見ました。火を囲むと一瞬にして打ち解けた雰囲気になるのはいつもながら面白い。村上春樹さんの短編集『神の子どもたちはみな踊る』に、たしか焚き火が趣味の人の話があったなと思い出しました(本はほとんど日本に置きっぱなしなのでこういうときにすぐに取り出せないのが残念…デジタル書籍にいよいよ頼るかなぁ)。

翌朝は結局だらだらしてしまって、サーフィンには出ずにチェックアウトの時間になってしまいました。でも、そのときの気分で、気ままにっていうのもまたいいですね。

かつてはキャンプやBBQというと、つい気張っちゃていたくちですが、こんな感じで日常の一貫としてふらっと適当にたまに外で過ごすというのがカリフォルニアらしいかな、などと思いました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。