カリフォルニア(プチ)サーフトリップ〈前編〉

Scroll down to content

1日仕事の休みを取り、日曜月曜にかけてカリフォルニア・プチ・サーフトリップに行ってきました。

旅のはじまりはオーシャンサイドから

まずは朝、オーシャンサイドのカフェで朝食のクロワッサンを手に入れることから旅はスタート。

DSC01421.jpg

わたしたちのお気に入りはPetite Madeline Bakeryというフレンチベーカリー。外はパリッとして、中はしっとりとして、甘くなく多少の塩気があるという私好みのクロワッサンにアメリカで出会うことはなかなかないのですが、この店のはばっちり。小さなクロワッサン1個で$3.75と決して安くないので、かなりの贅沢です。

ちなみにこのオーシャンサイドがサンディエゴカウンティー内の最北の街。北上するとオレンジカウンティーに突入します。我々はそのオレンジカウンティーのサーフスポット、サンオノフレに向かいました。

DSC01425.jpg

波のサイズは2-3ft、セットで4ftくらいでしょうか。直接存じ上げていないけれど大好きなNakiさんのブログを拝見すると、今、カリフォルニアに滞在中で、同じ日にサンオノフレの隣のポイントで入っていた模様。ニアミス残念。

サンクレメンテのローカルフェイバリット

ランチはサンクレメンテで、相方がずっと気になっていたという、いかにもローカルのおじちゃんたちに愛されていそうなダイナー、Rib Joint Roadhouseへ。入ると互いに顔なじみっぽい中高年のアメリカ人のおじちゃんおばちゃんの溜まり場になっていて、もしかして、一見さん、しかもアジア人はそんなに歓迎されないかな、と気後れするも、店の奥から出てきたサーバーの女性が満面の笑顔で出迎えてくれたのでほっとしました。

波乗りしまくってプロテインを欲していた我々は看板メニューのBBQを注文。

DSC01443.jpg

なかなかのサイズでしたが2人でシェアして難なく完食(波乗り後なのですっぴんなのはご容赦を…)。

サーバーの女性は大変陽気でおしゃべりで、我々の名前を聞いてきて、「綺麗に発音できるでしょ、わたし、ハワイに住んでいたから日本語の名前に慣れているのよ」とのこと。こういうオープンハートな人が接客してくれると、お店への印象が1ポイントも2ポイントもアップします。ここはプロテインを欲したときのリピートスポットになるであろう。

さて、このサンクレメンテまでは、いや、OCのダナポイントあたりまでは我々の日常圏内で、いつもならここでサンディエゴに帰って終わるのですが、今回はなんせ休みを取ってまでのサーフトリップ。このままロードトリップは続き、われわれは本来の目的地に向け、さらに車を北に走らせたのでした。

続きは次回。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。