サーフィン絡みの英語スラング:Grom

さて、勝手にシリーズにしているサーファーの独特の英語スラング講座(本当にシリーズになりつつあるので、新たに「English」のタグを作りました)。

今回はGrom(グロム)。Grommet(グロメット)が語源だそうなのですが、Grommetというのはこういうの↓

800px-Canalphone_sleeves.jpg

ウィキペディアには「布や板などの平たい物に開けた穴に挿入される、管」とありました。

しかし、どうしてかわかりませんが、サーファーの間ではこの意味でない使い方をされています。ご存知でしょうか(と引っ張る)?

答えはこちら↓

sea-912559_960_720.jpg

達者なサーフィンをする子ども。

どういう経緯でサーフィンの上手な幼い子をGromと呼ぶようになったのかは、調べきれませんでした。

ところで、サンディエゴにはそんなグロムたちがそこかしこでクールにサーフィンしています。父子どころか祖父までの3世代が同じ海に入ってサーフィンをしていることもざら。

サーフィンをやらない人は若い子のものって思うかもしれないけれど、若い子なりの、年を重ねたら年を重ねたなりの楽しみ方ができるのがサーフィンだと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。