ベルベットのような海

Scroll down to content

DSC02480.jpg

朝6時30分。日の出前の紫の時間。「波は小さいけど、お前は入るのか」「入るよ。また週の半ばに雨降りそうだもん、入るなら今のうちでしょう」「しかし、寒いな」。そんな会話が繰り広げられている駐車場。

海の上にいたので写真に収められなかったのが残念ですが、この後の空は、羊雲のような雲が朝焼けに照らされて、それはそれは幻想的でした。

海はグラッシーで、日が差し込むまでのトワイライトの時間にするパドルは、まるで紫色のベルベットの上を滑っているような錯覚に陥ったほどです。

波のサイズはセットでもも。こういうときは心身に余裕があるので新しいことの練習をするのにぴったり。今日はドロップニーターン(というか、カットバック)の練習をしてみようと前の晩にたっぷりビデオを見てイメトレしておきました。

というわけで、いざ実践。しかし、練習というかモノマネにさえなっていたかどうかといったところ。岸から見たら、ただ大股を広げてふらふらしながら倒れるのを必死でこらえているという風にしか見えなかっただろうことは想像に難くないです(笑)。そもそも膝がちゃんと曲がっていたかも怪しい。

それでも、こうして、「これができるようになりたい」「こういう風に乗れるようになりたい」という目標が自然と次々にあふれ出てきて、挑戦することそのものを楽しめることが、仕事以外にもあるということは、人生をだいぶ豊かにしてくれているように思います。サーフィンと出会えてよかった。続けてこられてよかった。そんなことを思った朝でした。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: