サーフィン絡みの英語:Choppy

IMG_3624
Photo by MO SAFS BANNO

週末に仲間たちとサーフィン&BBQを計画しているため、波情報に釘付けです。サイズはそこそこありそうなのですが、今のところ、コンディションがイマイチという予報。

そこで、サーフィン絡みの英語。日本でよく使っていた「面がガタつく・ガタガタ・面ガタ」というコンディションのことを英語ではChoppy(チョッピー)と言います。同じような場合にBumpy(バンピー)という表現もあります。

もしかしたら英語ネイティブにとってはChoppyとBumpyは微妙に違って、使い分けているのかもしれません。でも、Choppy Bumpy Conditionと並列になることもあるので、まあ、ほぼ同意と思ってわたしは使っています。強いて言えば、Choppyは「バチャバチャ」で、サーフィンとしてはより酷いコンディションといった印象で、Bumpyは「ガタついている」くらいの軽めの印象がありますが…。

写真は、先日の撮影でSAFS TOKYOのMOさんが撮ってくれたもの。サーフパンツもSAFS TOKYOです。ファッション性があるし、何より、履き心地がいいので、海だけでなく日常着としてすっかり気に入ってしまいました。

このサーフパンツ、丈とか、数ミリ程度の本当に小さなことにもこだわって作ったと聞きました。手に取りやすい価格なのに、腰紐を通す鳩目にちゃんとSAFS TOKYOっていう文字が入っていることとか、製品に対する愛を感じます。

わたしは、自身で分析するに、何においても「愛をもって作られたか」に非常に敏感で、愛を感じないものにはわかりやすく気分が下がるし、愛を感じるとこれまたわかりやすく気分が上がる傾向があります。

サーフィンは自分の気分が如実に出てしまうものだから、気分を上げてくれるツールで自分を上げておくことは、サーフィンを楽しむ秘訣の一つでありますね(というか、これはきっとサーフィンに限らず人生のあらゆる面で言えることですね)。

週末のBBQにはどの柄のサーフパンツを持って行こうかと、考える時間までもが楽しみです。皆さんもよい週末を!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。