80sのカリフォルニアがテーマのダイナー

Scroll down to content

オーシャンサイドピアで行われているアダプティブサーフィンのUS Open大会の応援へ。せっかくオーシャンサイドに行くならとずっと気になっていた朝食ダイナーに立ち寄りました。

その名もBreakfast Club Dinner California。略してBCDC。いかにも古めかしい、地元の人に愛されていそうなダイナーという、我々好みそうな雰囲気を発していたので気になっていたわけですが、入ってみたら、なんと80年代がテーマのダイナーでした。80年代のオーシャンサイドの雰囲気をそのまま再現している、と。

IMG_1035.jpg

IMG_1037.jpg

個人的にツボだったのは壁の絵。よく見ると…

スクリーンショット 2018-10-06 22.43.00.png

ETがハングテンを決めてる(笑)。そしてその右手前のボディボードを抱えているのはおそらくマイケル・ジャクソン。

IMG_1038.jpg

奥の方に蛍光ピンクのスニーカーが飾られていたり、レコードが貼られていたり、かなり忠実に80s。飾られているボードもGordon & Smithの古いモデルだったり、徹底しています。

ちなみに、BCDCと店名を略しているのは、上の写真の右のロゴを見ればわかる人はわかるでしょう。ACDCというバンドとかけているのですね。

肝心の料理は、正統派?のアメリカンブレックファスト。

IMG_1039.jpg

期待通りの味です。我々の好みです。Good Vibes。

オーシャンサイドで朝食を摂る機会はなかなかないですが、機会があったらまた行きたい店がひとつできました。

US Open Adaptive Surfing Championshipは明日が決勝。それについてはまた改めてまとめますね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。