Uber並みに浸透するか!? 電動スクーターのシェアライド

Scroll down to content

サンディエゴ・ガイド&マップでもご紹介しています、車の配車サービス、Uber。配車サービスにはUber以外にLyftなどいくつかあります(Uberの使い方はこちら)。

app-cab-hand-34239

配車サービスとは、スマホのアプリを使って、近くを走っている登録ドライバーを自分のいるところまで呼び寄せて、目的地まで運転してもらうというサービス。

日本ではいろいろな事情があってさほど浸透していないと聞いていますが、車社会のサンディエゴでは一般の人がごく普通に使うサービスです(たとえばお酒を飲みたいときなど)。

車の呼び寄せから降車、決済まで全部アプリ上でできるのですが、配車を依頼すると、どの車&運転手が、どのあたりから向かっているか、リアルタイムで地図上に表示され、到着するころになると「着きました」とアプリからメッセージがきます。

Uberを使うと、いつか映画で見た近未来の世界にいま自分はいるんだと毎回思わされます。

そんな近未来を感じさせるもう一つのサービスが、この春先からサンディエゴでもサービスが開始された、電動スクーターのシェアライド。サンディエゴでよく見るのはBirdというサービスです。

Bird

これもアプリを使って利用するサービスで、上の写真のようにその辺に誰かが置いていった電動スクーターをアプリを使ってロック解除して、好きなところまで乗って、降りたところで再びロックをかける、という仕組み。料金は利用時間による課金方式で、サンディエゴだと1分15セント。

なかなか面白いサービスと思うのですが、私自身はいまのところ、どういうときにどう使うのが便利なのか、Uberほどには把握できていません。想像するに、車で移動するほどでもないけど歩くのはちょっと遠い、というときにいいのでしょうが、「いまスクーターがあったらいいのに」と思う時、場所に、ちょうどスクーターが置いてあると限らない点が難なのです。

でも、ダウンタウンなどに行くと、観光で来た人がBirdを利用して移動しているのをよく見かけます。あと、パシフィックビーチなどビーチタウンを見て回りたいときにも向いていそうですね。海沿いは駐車スポットがないことが多いから、遠くに停めて、スクーターで海に向かうとか。ただそのへんにスクーターがあれば、の話ですが。

一方で、「こんなとこにスクーターがあっても誰も乗らないんじゃないか」と感じるところに放置されていることも結構あって、当然、それを快くなく思っている人もいて、全ての人が「よきもの」として受け入れるまでにはまだまだ課題はありそうです。はたして、電動スクーターのシェアライドは配車サービス並みに浸透するのか、否か。

skateboarding-1149505_640

ちなみに、サンディエゴの若者たちは、車で移動するほどでもないけど歩くのは面倒というところはスイーっとスケボーで走っていきます(笑)。南カリフォルニアの、まだ免許を持てないキッズにとって、スケボーは趣味とかスポーツという前に移動手段なのだなぁ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。