苦行サーフィン、ご褒美メキシカン

雨が止んで久しぶりの海。ですが、朝の天気はどんよりで、しかも南風が入っていました。

風のおかげで海面はChoppyだわ、寒いわ、満潮が近くて割れにくいわの三重苦。

ちなみに、この写真、豆粒のように見えるレフトに乗っているサーファーはジョエルの息子、トッシュです。彼らが出ているなら我々も出よう、来週も雨の予報でまたしばらく波乗りできそうにないし…と意を決して着替えてパドルアウトするも、風にビュービュー吹かれてハードコア過ぎて1時間もせずに心折れました。

そんな中でもトッシュはちゃんといいところにいて、がんがん乗っていて、ぎー、ぐやぢい!

そそくさと海を上がると同じタイミングでパドルアウトした仲間たちももう駐車場に戻っていて、「We did it! We went out!(俺たち、よくやったぜ、沖に出たぜ)」と言い合っていました。みんな同じ気持ちだったんでしょうね、そんな楽しめないことはわかっているけれど、海には出ておきたかったっていう。

冷え切った体が温かいスープを欲したのでブランチは、ソラナビーチにあるメキシカンレストラン、Fidel’s Little Mexicoへ。ここはタコスタンドのような安いメキシカンではないのですが、なかなかおいしくて、我々のお気に入り。

海はあんなに曇っていたのにブランチを食べるころにはこのお天気。でも、体が冷え切ってしまったのでダウンジャケットを脱ぐことはできず。

ここのおすすめは、Chicken & Rice Soup。シラントロ(パクチー)、玉ねぎ、アボカドがたっぷり入って、おいしい(ちょっとしょっぱいけど)。

それと、最近知ってハマっている、メキシコのブレックファストの定番、Huevos Rancheros(ウエボスランチェロス)も頼んで、2品を相方とシェアしました。

Huevos Rancherosは、トルティーヤに卵が載ったものなのですが、このレストランでは初めて、アメリカのブレックファストのように「卵をどうしたいか」と聞かれました。

わたしは日本式の半熟の目玉焼きが好きなので、Sunny-Side Up(サニーサイドアップ)でお願い。これまでのレストランでは卵については聞かれることなく、両面を焼いたOver Easy(オーバーイージー)で出てきていたので、卵を好みにカスタマイズできた点も満足(とはいえ、何も聞いてこないレストランでも、頼めばまず絶対やってくれると思います)。

さて、最近はいろいろな楽しい新しい体験が続いているのですが、遊びも仕事もめいっぱいで、家に帰ればバタンキューで寝るという幼稚園児のような暮らしのため、なかなかブログでシェアができておりません。相方のホームブレイクのサーフクラブに正式に参加することにしたのも楽しい変化の一つ。これまでもこのクラブの人たちの会合に顔を出させてもらっていたのですが、会費を払っていないのに恩恵だけ受けるのは気が引けて、今年はちゃんと会費を払って堂々と参加することにしました。

カリフォルニアのサーフクラブを中心にした、Coalition of Surfing Clubsという連盟に所属するクラブで、この連盟に属しているサーフクラブはクラブ内イベントのみならず、各クラブ対抗イベントなど交流を頻繁にしているので、そういうのも積極的に顔を出して楽しめたらいいな。

前にも書いたかもしれませんが、今年はアメリカのカルチャーに前のめりに参加していく1年にしようと思っているのです。

みなさんの今年の目標はなんでしょう? 節分も過ぎて、いよいよ本当に新しい年が始まった感じですね。互いによい1年にしましょう!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。