サンディエゴローカルの憩いの滝

Scroll down to content

海も大好きだけど森も大好き。サンディエゴは全体に乾燥していてどちらかというと砂漠のような風景の方がなじみがありますが、探せば緑もちゃんとあります。

そのうちのひとつが、Los penasquitos Canyon Reserve。渓谷の下に小さな川が流れているのですが、その周り一帯は自然保護区として保護されていて、トレイル(ハイキング用のルート)が張り巡らされています。

場所は、映画、トップガンの舞台として有名なミラマー基地のちょっと北。西はデルマーという町まで続いています。全部歩こうとするとかなり広大。いくつかトレイルヘッド(ハイキングルートの入口)があるので、今回は北からのルートで、この自然保護区一帯のひとつの名所でもある滝を目指すことにしました。

北ルートの入口:7030 Park Village Rd., San Diego

何にもない住宅街の突き当たりです。そのへんに駐車可。

ここからだと滝までは片道だいたい1.1マイル(1.8km )。初心者でもまったく問題のない難易度です。

このトレイルが好きなのは、人がほとんどいないこと。そして、緑があること。

とはいえ、さすがに気持ちの良い、春の週末の朝にはそれなりに人とは出会いましたね。

人しか通れない道の他に、自転車も通れる道もあって(馬が通れる道もある!)、マウンテンバイクの人が結構いたし、こんな風に裸でトレーニングしている若人たちもいっぱいいました。

犬の散歩がてら歩いている人たちもちらほら。

生まれて初めてモグラを見ました。結構近づいて撮らせてくれました。

さすがに滝は混んでいましたけど、このくらいの賑わいは許容範囲でしょう。こういうところに危険だから入るなという柵がないのがカリフォルニア(本当に危険な箇所にはあることもあります)。でも、こうすることで、自分の場合はどこまでいったら危険なのか、自分の体感覚で見つけられるようになるんだと思います。サーフィンには当たり前だけどその力が絶対必要。

滝に着いて、持参したベーグルサンドを食べたあとは、もと来た道を戻るつもりでいましたが、どうしても足を濡らしたい欲求にかられ、急きょルート変更。小川を向こうまでわたって、反対側の道を戻って、最後にまた川を渡って帰ることにしました。

やっぱり裸足になって、自然の水に触れると、元の気にチューニングされる気がする。すなわち元気になる。


わたしにとってはここは、大好きなシャスタをちょっと思い出す場所でもあります。

今週はなぜか海より森を欲していました。やりたかったことが満たされて満足。サンディエゴはそこそこ都市ではあるけれども自然が身近にたくさんあるのは大好きな湘南と似ていて、わたしがこの地を好きな理由のひとつです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。