カリフォルニアで犬を飼う

Scroll down to content

先週は珍しく平日の朝に一度もサーフィンに行かず。波がよくなかったというわけではなくて、なんと先週月曜日に急に我が家に仔犬が来たからなのです。

生後4カ月。しつけ、トレーニングも含めて、いまのうちに信頼関係を構築したいので、しばらくはこの子と過ごす時間を優先して、朝サーフィンはお預けです。土曜日は相方とサーフィンに出ましたが、気になって2時間もせずに上がってきました。

ちなみにこの犬は保護犬で、親の詳細はわからず、よってどういう雑種かも不明。どれくらい大きくなるかもわからないという状態ですが、4カ月でいまくらいの大きさと考えると、小型犬だろうと推測されます。

アメリカではもともと犬を飼うときはペットショップよりも保護犬(飼い主のいない犬たち)を飼うことが一般的だったと聞いています。カリフォルニアは特に犬やペットの保護に力を入れていて、2019年から(つまり今年から)、ペットショップでも保護犬しか売ってはいけないことになりました。これは、商業用に劣悪な環境で多量に子どもを産ませるようなペット生産者を阻止するのが目的と言われています。ただ、ブリーダーと直接売買することは禁止されていません。

日本と同様に犬を飼ったら管轄のカウンティー(群)への登録が必要です。予防接種なども最低限のものは、動物病院やペットショップのほかに、サンディエゴ・カウンティーのシェルター(保護施設)でも定期的に行われています。

値段はやはりシェルターが一番リーズナブル。ただ、週1回で、1回につき先着何頭までと決まっているので、のんびり出かけていったらまず間に合いわない、ということを今日学びました。8時からやっていると聞いてサーフィン返上で行ったのですが皆だいたい7時頃から待ち始めて、7時30分にはいっぱいになってしまうのだそう。

ところで、カウンティーのシェルターの脇はトレイルになっていて、今日は馬まで集合していてびっくり。

なんか、すごいな、カリフォルニアはやっぱり。

いまはしつけとトレーニングに追われていて、ちょっとお疲れ気味ですが、サンディエゴはドッグフレンドリーな街で、犬OKのお店も多いし、走り回れる場所も多いので、これからが楽しみ。

なんと家にあったスケボーに自然に乗って、動かしても怖がらずに静かに乗っていたので、スケボー犬にできるかも、なんて企んでいます。

One Reply to “カリフォルニアで犬を飼う”

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。