グレッグ・ロング、トッド・グレイサーのトークショー@パタゴニアカーディフ

Scroll down to content

カーディーフ・バイ・ザ・シーにあるパタゴニア・カーディフで、ビッグウェーブサーファーのグレッグ・ロングと、サーフフォトグラファー、トッド・グレイサーのスライド&トークショーが行われたので行ってきました。

グレッグ・ロングはパタゴニアのアンバサダーでもありますね。トッド・グレイサーはサンディエゴ出身。

スライド&トークショーは、11年前の米サーファーマガジンの表紙を飾った、有名なショットからスタートし、その写真の裏話や背景が2人の口から語られました。2012年にコルテツ・バンクのビックウェーブでワイプアウトし、溺死寸前になった事故についてにも話はおよび、そのときにトッドが撮影した、いまだかつて世の中に出したことがない救出直後の写真も公開されました。トッドはそれ以来、ビッグウェーブサーフィンの写真を好んで追いかけなくなったと語っていました。

スケーター、ミュージシャン、レイ・バービーの演奏もあり、無料のピザ、ビール、コンブチャも振舞われ、平日の夜にもかかわらず会場には300人くらいは集まっていたと思います。大好きなサーファー、ライアン・バーチとも会いましたし、シェイパー、クリス・クリステンソンの姿も見かけました。こういうコミュニティーというか、サーファーや海を愛する人たちが集まる機会を何かと作ってくれるパタゴニア・カーディフが好きです。

夜に集まるイベントが増えると夏が来たって感じます。

このイベントでは、我が家に先週来たばかりの4カ月の仔犬も連れて行ったのですが、おとなしく、いい子にしてくれていて、初の外出は大成功。

うちの仔犬はいまのところ顔だけちょっと毛深くて、それがモヒカンヘア&ヒゲのように見えるうえに、なんとも老成した瞳の持ち主。そこが個性的で魅力的で、飼い主としては胸キュンなのですが、イベントで通りがかった男性に「仔犬? それとも小型の大人の犬?」と聞かれたのがおかしかったです。しかし、犬を連れていると会話のいとぐちができるので、人見知りでイベントやパーティーが苦手(特に英語になるとなおさら)なわたしには、大変助かるということも発見しました。

いよいよ週末。まだ朝晩は肌寒いサンディエゴです。最近、地道に続けていた筋トレの成果が出てきて、お腹にちょっといい感じに筋が入ってきたので、早く薄着でサーフィンしたいです(笑)。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。