エンシニータスのビーガンレストラン

Scroll down to content

セットが入るとサイズはあるのですが、バンピーでワイドです。月曜の朝は日曜よりマシになっていたけれど、それでもボードがぼこぼこしたバンプを拾いまくり、おっとっと、という感じで、そうやっているうちにセクションにつかまり、スムーズに滑るというよりは、曲芸をしているような乗り心地。それはそれでまあ、なんらかの練習にはなっていると思いたいです。

さて、日曜のサーフィン後のランチは、エンシニータスに新しくできたビーガンレストラン、EVEへ。ちょっぴりスピリチュアルなムードで、店員さんはみんなOpen Heartedで、なんともエンシニータスらしいレストランです。

入口を入ってすぐの道路側はカジュアルなカフェのような雰囲気。しかし、じつは奥にさらに部屋があるのです。こちらはちょっとした隠れ家っぽい。

相方の頼んだビーガンバーガー。お肉を使っていないと思えない立派さ。
わたしが頼んだフラットブレッド。

雰囲気は最高に好きですけど、味はまあまあかな。ビーガンフードとしてはおいしいのかもしれないですが…こちらはビーガンの人が多いとはいえ、完全にビーガン料理しかないレストランとなると来る人が限られるので、この店、続くかなぁというのが個人的な感想(実際に、店に入ってビーガンレストランとわかったからか、出ていってしまった家族を目の前で見ました)。

ただ、Star Peopleというような単語が書かれているチラシがごく普通に堂々と置いてある空間は、わたしにとっては「自分の居場所!」「仲間がいる場所!」と感じられる数少ない場所なので、きっと時々足を運ぶと思います。

ところで、我々は入口を入ったところのレジで注文をしてから、渡された番号札を持って奥の部屋に行きましたが、後から確認したところによれば、奥の部屋を利用する場合は、レジで注文しなくても通常のレストランのように席に案内してもらえ、注文を取りにきてもらえるみたい。まさか店員さんがTake Careしてくれると思わず、レジではチップを加算しなかったので、帰りに現金をテーブルに置いてきました。いつまで経ってもよくわからないチップ文化。

話が前後しまくりですが、犬を飼い始めたため、平日の早朝サーフィンの前に犬の散歩という日課が加わり、起きる時刻が4時になりました。まだ犬を迎えて1ヵ月で、互いのペースが確立できていなくて精神的にバタバタしていますが、そうやってバタバタするのも最初のうち、しかも仔犬のうちだけだろから、楽しみたいと思っています。でも早起きしてでもサーフィンする時間は削らないという、我ながら見事な執着ぶりです(笑)。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。