新世界が開けた!?フィンレスサーフ初体験

Scroll down to content

お会いしたことはないのですが、わたしはプロサーファーのNakiさんを敬愛していて、Nakiブログの愛読者であります。そのNakiさんが数年間から昨年にかけて、何度もフィンレス(フィンをつけない)サーフィンをブログで取り上げていて、「レールワークの練習にすごくいい」と書かれていました。

そのときから、「わたしもやりたい!」とずっと心に温めてきて、フィンレスにするのにいいだろうと、じつは昨年末にCatch SurfOdysea Plank 7′を購入しておりました。

基本的にはフィンレスで乗るつもりなので、Catch Surfの中のどのモデルにするか、かなり延々と悩んだのですが、シングルフィン好き、ロングボード好きとしては、フィンをつけて乗る可能性もあることを想定して、普段の自分と親和性のあるものから入ったほうがいいだろうとこのPlankにしました。

その後、半年以上ガレージに眠っていたのですが、本日、波は小さく、コンディションもいまいちと知って、今日こそ出番だとついにデビュー!

じつはフィンがないとまっすぐパドルもできないんじゃないかとちょっと不安だったのですが、大丈夫でした。Nakiさんのブログや共有してくれている動画をかなりチェックしていてイメトレできていたおかげで、思ったより乗れました。

というか、横向きのままスライドしたり、後ろ向き(テール側がノーズになる)になることがある、そういう乗り方で楽しんでよいものなのだ(=フィンのあるサーフィンのように乗れなかったとしてもいい)と自分なりに理解したうえで乗ったので、ただひたすら楽しかった!!!

普段どれだけフィンに頼っていたかがわかったし、レールを入れることにしても、外すことにしても、とにもかくにもクリティカルなセクションでなくても体重のかけ具合など全方位を意識的にしないとあられもしない方向にどんぶらこと流される…それがひたすら楽しく、フィンがあるときとはまったく違う乗り心地に脳内幸福ホルモン大噴出。もし今日普通にサーフィンをしていたら「It was ok」という程度のコンディションでしたが、フィンレスサーフのおかげで「Super Fun!」でセッションを終えられました。

たった1回ですが、なんだか新境地が開けたような、新しい楽しみを知ってしまったような興奮がまだ続いています。しかも、なぜかめちゃくちゃ腹筋が痛い。腹筋をかなり使ったのかな!?

面白くなったので研究しようと改めて動画を検索すると、Nakiさん同様、ハッピーサーフの伝道師、カラニ・ロブとタイラー・スタナランドはフィンレスでこんなに乗れているんですね…すごい。(個人的には、動画の中盤、沖にパドルアウトする女の子が、フィンレスでサーフする2人の前でどうやって邪魔せずにパドルアウトできるか一瞬戸惑っているふうなシーンでクスリとさせられました。あんなふうに目の前でくるくる回転されたらわたしも困りそう笑)

いい波の日はやっぱりいつもの板でサーフィンしたくなっちゃうと思いますが、ちょっとマンネリになったときや、コンディションがいまいちのときのトレーニングにぜひ今後も取り入れたいと思いました。明日フィンのあるサーフボードに乗ったときに何か違いを感じるでしょうか!?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。