Apple WatchとSurflineの連動がすごい

Scroll down to content

このブログを読んでくださっているサーファーのみなさんの中で、Apple Watchをお持ちの方はどのくらいいらっしゃるでしょうか?

先日、波待ちのラインナップで、Apple Watchの電話で話しているサーファーを見て、「海の上まで携帯かぁ…」と時代の流れを感じました。わたしは海の上では電話はいらない派ですが、その後、このApple Watchには、波情報アプリSurflineと連動した「自分のサーフィン動画が記録&保存されるサービス」があることを知り、がぜん興味が増しました。

Surflineで定点ライブカメラのあるスポットに限られますが、Apple WatchのGPS機能と連動して、自分が波に乗った時間、地点のカメラ映像が記録&保存されるという仕組み。カメラが自分を追ってくれるわけではないので、画角から自分が出てしまえば映らなくなりますが、そのスポットの定点カメラが広角であれば、かなり長い間のライディング映像が記録されるので、なかなか面白そう。

同じスポットをホームにしているKさんの動画を見ました(見せられた?笑)が、動画だけでなく速度がどれくらいか(Kさんのライディングは30キロ出ていた。本当か!?)などもわかり、心肺機能と連動させていれば、その時点の心拍数もわかるという(Kさんは乗っているときよりパドルアウトする過程で沖からくる大波を乗り越えるときに心拍が上がっているそう)。

聞けば聞くほど興味は増しますが、わたしが入っているスポットでは、ライトの波に乗ればカメラ画面に映るけれど、レフトに乗るとテイクオフくらいしか映らないので、結局、購入するには至っていません。

それにしてもテクノロジーの進化には驚くばかり。こういうガジェット系?(ガジェット系という言葉さえもよくわかっていなかった)は得意ではないのですが、柔軟に受け入れていかないと、時代に遅れそう。時代に遅れるのはかまわないのですが、いろんなことがわからなくなって、自分でできなくなってしまうと、生きていくのが大変になりそうなので、興味のアンテナを立てて、面白がって取り入れていきたいなと思う2020年です。

3 Replies to “Apple WatchとSurflineの連動がすごい”

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。