サンディエゴの写真映えスポット&カリフォルニア電車の旅

Scroll down to content

2010年〜14年にかけて、江ノ島のへんに住んでいて、鎌倉にあるアロマテラピーの店でアルバイトをしていたことがあります。通勤には自転車で134号線を自転車で行くこともあれば、車を使うこともありましたが、基本的には江ノ電に乗って行くのが好きでした。鎌倉高校前の駅に差しかかると、車窓から海が見えるので、いつも見ている海なのに、視界から消えるまで食い入るように見るのが常でした。

なぜか知らないけれど、海沿いを走る電車を見るとセンチメンタルな気持ちになります。

サンディエゴにもじつはそういうスポットがあります。

Amtrak(アムトラック)という全米を走る列車があって、サンディエゴのダウンタウンにある「サンタフェデポ」駅からロサンゼルスのダウンタウンにある「ユニオンステーション」駅まで、その名もAmtrak Pacific Surflinerというビーチ押しの名前を持つラインが運行されています。

このAmtrak Pacific Surflinerは、サンディエゴとロサンゼルスの真ん中あたりにあるサンクレメンテでも海の近くを走り、そこもなかなか風光明媚なのですが、サンディエゴでもデルマーと呼ばれる街で、電車の線路の向こうは崖と海、という、なかなか広大な景色に出会えます。

デルマーでアムトラックと海の景色を見られるスポット

Seagrove Park
住所:1601 Coast Blvd., Del Mar, CA 92014
※公園のだいたいの住所がここ。
実際には徒歩でさらに南下します。
Web:www.amtrak.com/home.html

前述したように、このアムトラックを使えば、電車でサンディエゴからサンクレメンテ、ロサンゼルスまで行けてしまいます。サーフボードもパッキングした状態で6フィート、22.6キロまでなら手荷物もしくはチェックイン(預ける)荷物として10ドルで対応してくれるそうですよ。

※情報は2020年1月12日現在ウェブで確認したものなので詳細はご自身でご確認くださいませ!

さて、話は変わり、サンディエゴの週末。胸サイズのファンウェーブが続いています。しばらく(わたしには)緊張感のあるサイズが続いたので、小波がうれしい。

海水の温度も冷たさが少し緩み(また冷たくなる可能性はあります)、早朝の冷たい空気の中にも独特の湿気というか、クリスプすぎないやわらかさというかがあって、春の空気が少し含まれている感じがします。冬は嫌いじゃないつもりでしたが、今年は例年のサンディエゴに比べて寒くて気が滅入ったので、春の兆しを感じられることを心からよろこんでいます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。