板のチョイス間違える(言い訳)

Scroll down to content

出社前の早朝サーフィン。じつはかなり久しぶり…。犬を飼い始めて、会社に行く前の時間を犬と過ごしたい気持ちが増したのと、パラマハンサ・ヨガナンダ様が設立したSelf-Realization Fellowship(SRF)のレッスンを受け始めて朝晩の瞑想が日課になったのとで、平日の早朝の優先事項がサーフィンばかりでなくなったのです…。

瞑想は以前から独自でやっていたのですが、毎日の日課ではなかったし(その必要もなかったし)、朝やらなかったときは夜やることで帳尻合わせていたのですが、SRFのレッスンでは朝も晩も、15〜30分ほどの瞑想が求められるのです。

瞑想自体はじつは大好きですし、SRFのレッスンもやりたいことなわけですが、とにもかくにも時間の捻出が難しい。そういうわけで、言い訳が長くなりましたが、久しぶりの平日早朝サーフ。

パシフィックビーチのこのポイントは、スキップ・フライのお膝元。スキップ・フライと言えばグライダー。そう、ここはグライダーのような要素を持つ板と相性がいい波なのですね。上の写真、いまにも波が割れそうでしょ? でもこれが割れないのですよ…。

わたしのクイーバーの中では、スキップ・フライの板のグラッサーでもあり、自身シェイパーでもあるMichael Millerのオールラウンド9’が一番ここの波に合う。ということはわかっていたのですが、あいにくその板は相方のジープの屋根に積みっぱなし…これを下ろすのに5分はロスすると思うと時間の限られた出社前としては1秒でも惜しく、諦めてBing SurfboardsのNR、Beaconを持参しました。

非常にとろい波で、ロッカーのきついBeaconではボードが滑りだしてから下に落とすのにちょっと苦労してしまった…これも言い訳ですけど…。そんなこんなで、ちゃんと楽しく納得いく形で乗れたのは40分でわずか1本でしたが、でも、まあ、今日は久しぶりに朝の海に浸かることが一番の目的だったので、よしとします。

海を上がって着替えている最中に、隣りに車を停めたおじさんとスモールトーク(英語でいう世間話みたいな感じ)。息子さんの奥さんが日本人でサンタモニカに住んでいるのだそうで。

こういうスモールトークはほとんど深い意味がないけれど、だからこそすごく気軽で英会話の勉強にはとってもいいです。仕事じゃないから万一、相手の言っていることを間違って聞き取っても大問題にならないし、自分の言っていることが思ったように伝わっていなくても何かしら会話が続けばノープロブレムですから。

さて、これは先日、ソラナビーチのとあるカジュアルなカフェで見つけた看板。

いやー、サンディエゴの海沿いの町では、びっくりするほど、裸足で歩いている人がいるんですよ。ビーチ沿いではなく大通りでも。そして、そのまま店に入って来る。ビーサンではないですよ、本当に裸足。最初はカルチャーショックでしたけれど、いまはむしろ「裸足を駄目という店もあるんだ」と驚くくらいに慣れてしまいました。

週の真ん中、水曜日(はい、このフレーズに聞き覚えがあったらきっと同じ世代!)、寒さもやわらいできたので、またサーフィンがんばります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。