手作りハンドプレーン〜ペイント編2

Scroll down to content

2017年に取り掛かった、ハンドプレーンをDIYで作るプロジェクト。
シェイプ編1
シェイプ編2
ペイント編1
まで進んだところで止まっておりましたが、この自宅待機の期間に一気に進みました!

ペイント編1で止まっていた理由は、当初はデッキ面もベタで色塗りする予定だったのに、布を使うデザインに変えたくなったからです。

ようやくイメージにあう布を見つけたので、いよいよデッキ面に取り掛かれます。

これはボトム面。久しぶりに取り出してみたら、「GOOD VIBES ONLY」の文字の色が飛んでいました(苦笑)。

とりあえず、この文字の黄色を塗り直したあと、裏面(デッキ面)に取り掛かります。

デッキ面はまったくまだ何もしていない状態。

まずはデッキ面の周り、ベタで色を塗りたい範囲を明確にします。写真上のように、縁からの距離を決めたら、その距離分を固定して線を描くと大きくズレることがありません。

縁取りに合わせて、デッキ面と同じ色を塗ります。色はアクリル塗料を使います。油性の色を使うとこのあとの工程でグラッシングするときに滲んでしまうのです。

今回選んだ布はタイダイ風のこちら。まずはハンドプレーンの大きさに切って載せます。このとき、霧吹きで布を湿らせるとピーンとシワなく載せられます。

縁に合わせて布を切ります。

あとは、塗料が乾くのを待つばかり。

いよいよ、次は、グラッシングです!

ハンドプレーンは、木製のものやプラスチック製のものもあり、要は板になればどんな素材でも作れるのですが、わたしはサーフボード作りの工程をプチ体験したくて、あえてウレタンフォームを使って始めました。1年に1工程というとってもスローな進み具合でありますが、少しずつ完成系が見えてきて、うれしいです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。