サーフィン復活まで動画でイメトレ

Scroll down to content

3週間前に痛めた小胸筋。めちゃくちゃ信頼しているBody Craftの川尻先生のところに行き、アキュスコープっていうすごい機械(適当な解説w)を当ててもらったら劇的改善。日課にしているワークアウトで腕立て伏せをしても痛くなくなったので、これはサーフィンもOKだろうと、先週末は喜び勇んで海に繰り出しました。

が。やっぱり、サーフィンって、自分で体感している以上に体を使っているのですね。海に入って1時間もすると痛みとまではいかないまでも違和感が再発。その日は早々に上がって、その後の痛みはなかったので翌日も波乗りしたのですが、途中で、小胸筋をけがした方の肩甲骨と腕にいつもとは違う疲労を感じるようになってしまいました。

その日の波は、セットで胸肩くらいのサイズで、なかなかパワーがありました。私は、セットの大きな波は避ける&乗る回数をいつもの1/5くらいにするという対応で乗り切っていたんですが、気持ちはどんどん萎縮していきました。体のどこかに違和感があるときはやはり自信がなくなるのだと思います。自分が弱っていることがわかっているから、劣等感というか、本当はここにいてはいけないっていう感覚を拭い去ることができないというか。人間の、本能的なものかもしれません。実際、少しでも体に不安があるときは、海には入らないという選択ができるのも能力の一つなのでしょうね。自力で行って、けがせず(させず)、自力で帰ってくる、が基本ですものね。

そんなめげ気味だったその日のセッションで、お友達のGさんが撮ってくれた一枚がこれです。カットバックしているんですけど前足のスタンスがだいぶクローズドですね・・・これでいいのかな・・・などなど、写真を撮ってもらえるとめちゃくちゃ研究できて、勉強になるので、ありがたいです。

あー、サーフィン、上手くなりたい。最近もう本当に、そればっかり(苦笑)。なのにけがをしてしまって思うようにサーフィンできないというジレンマが半端なく、ぶつけようのない情熱は夜な夜な相方とサーフ動画を見ることに転換されています(笑)。けがから早く完全復活したいので、今週は焦らずイメトレで頑張ろう・・・。

ちなみに、皆さんは、どんなサーフィン動画をよく見られますか?

私がサーフィン動画を見るのに一番使うのは、NobodySurfのアプリ。ボードの種類、サーファーの名前、土地などでフィルターをかけられるので、好きなスタイルの動画を見つけやすいのです。

あと、ぴろたんこと吉川広夏さんと、高貫佑麻さんのYouTubeチャンネルもよく見ます。お二人の動画からは、見る人が楽しいように、見る人に何かしら必要な情報提供になるように、といったホスピタリティーというか、心遣いを感じます。

皆さんのオススメのサーフ動画(ロングボードかミッドレングス、シングルフィンを好みます)があったらぜひ教えてください。

今週末にはまたニューメキシコから、お友達がサーフィンをしにやってきます。それまでには違和感もなくなって自信満々に海に入れるように、今はひたすら忍耐です。皆さんもけがに気をつけて(余計なお世話、気をつけるのは自分だって苦笑)、ハッピーサーフィンを。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。