サンディエゴ再び屋内営業禁止へ

Scroll down to content

カリフォルニアは、各カウンティーのCOVID-19の陽性者数の増加率をモニタリングしていて、その増加率によって危険度を4レベルに分けています。

ロサンゼルスカウンティーは、このレベル分けの最上位、「Widespread」の紫のレベルにあって、ずっと飲食店での店内飲食が禁止されたままである一方で、サンディエゴカウンティーは一度、「Substantial」の赤のレベルにさがったために、店内での飲食が可能となっていました。

が、しかし。この度、サンディエゴ・カウンティーも再び紫のレベルに突入し、今週の土曜日より、再び店内飲食は禁止されることが発表されました。一度再オープンした博物館や美術館、映画館、スポーツジムなどは、再び屋内での営業ができなくなります。

欧州各国も再びロックダウンに入りましたね。Facebookで繋がっているフランスのサーファーは、「サーフィンをすると違反になるので、またサーフィンができない」と投稿していましたが、本当かな? 少なくともカリフォルニアは、屋外のアクティビティーへの制限は今のところそこまでなく(スポーツによっては制限がありますが)、サーフィンは続けられます。が、長期戦は覚悟していたとはいえ、特にビジネスにおいては、現状を打破する策を打ち出せないと、行き詰まりそうですね…柔軟に変化していくしかないし、どうせなら楽しんでいきたいですが。

近況ついでに、サーフィンの近況も。

最近は、朝晩は55℉(13℃)前後の気温で、サーフィンに行くのに気合いがいる季節になりました。日中になれば70℉(20℃)くらいと暖かく、水温は58℉(14℃)くらいと、決して極寒ではないのですが、早朝で風がわずかでも吹き始めると、Matuseの3/2mmのフルスーツでは凍えます…。

風の影響を受けないという点でSmooth Skin NeopreneのNineplusのウェットは最強だったな。1年強で穴が開いたのでリピートしなかったのですが、やっぱり恋しくなって再度物色するも、欲しいサイズは売り切れ。トレンドじゃないからか、ダイビングのウェットスーツではSmooth Skin Neopreneは多いのに、サーフィンのではなかなか見つからないんですね。

Smooth Skinにこだわらず、4/3mmで先端技術を取り入れた素材のを探すか…。でも、MatuseやNineplusがよかったのは、日本のYamamoto(山本化学工業)の素材が使われていたからなんです。あまたあるブランド(&製品)の中で、日本もしくはサンディエゴになんらか関わるものがいいと思うと「なんでもいい」とはいかず、結果なかなか決断できず、悩んでいます。じゃあ、Matuseで厚さを上げて4/3mmをもう一着買えばいいじゃんと思いつつ、どうも自分のトキメキ度が高くなくて手が出ません。3/2mmで今使っているMatuseに何か文句があるかと言われれば、具体的にはないのですが、ときめかない…。ああ、早く何か見つけないと!このままでは風邪ひきそう(サーフィンは休まない笑)。

悩むといえば、最近、テイクオフを見直していまして。これまで意識せずにやっていたことを意識的にやり始めたせいで、なんだかちょっとギクシャクしていてプチスランプでもあります。それゆえにこのブログもなかなか更新できていないのですが、まあ、停滞が続いた後に、パーッとこれまで以上に何かが開くということは経験でわかっているので、焦らずのんびり、いきたいと思います。

経験って、使い方によっては足かせになるけど、捉え方、使い方によっては自信なり、知恵なりになるのですね。物事そのものに良し悪しはなくて、よい方に使うか、使わないか(使えないか)、だけなんだろうと思ったりします。

そんなこんなで、今回は個人的な近況報告となりました。サーフィン後、犬たちと集まってあったまる時間が至福です。

日本も冬ですね。皆さんもどうぞ暖かくしてお過ごしください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。